■その他冠婚葬祭、お祝い事のマナーの最近のブログ記事

身内の方がなくなった後に、喪中期間というものがありますね。慎み生活するような期間をいうのは何となく解ると思いますが、これはいつまでをさすのでしょうか?
喪中期間は細かく分けると「忌」「服」に分けることができます。

「忌」とは、近親者がしばらくの間、心身を清浄に保ち、けがれを避けて家に慎みこもること。
「忌中」といいます。
「服」は、喪服で慎む期間を表しています。正確な意味での「喪中」はこちらのことを云います。

実際にはこれらの期間ははっきりした期間はありません。
ですので実際には当人の悲しみの程度により日程をかえてもいいのです。
また、よくあるのは49日の忌明けまでが、服喪期間とするなどもあるようです。

*明治に出された太政官布告では、両親の場合13ヶ月となっていたそうです。この法令は全て撤廃されています。
結婚式のスピーチなどでなにげなくつかってしまったりするとまずい言葉を一般的に忌み言葉(いみことば) といいます
結婚式での忌み言葉は下記のようなものがあるでしょう

別れる、切る、離れる、戻る、帰る、終わる、破れる、割れる、重ねる

飽きる、捨てる、負ける、苦しい、病む、死ぬ、流れる、逃げる、消える

冷える、倒れる、痛い、ほどける

結婚式の受付はまず当日何をするのか?ですが、だいたいは

•主役の新郎新婦に代わり、きていただいたゲストを方を迎える
•ゲストの方に芳名帳のご記帳をおねがいする
•席次表や席札を手渡すなどの役目があります。
ご祝儀や祝電の受け取り
 ありがとうございますの言葉とともに、ご祝儀などは両手で受けとってください
•お客様の取次ぎ
などがあるでしょう。新郎新婦にかわり「両家の代表」としてきちんと接しましょう。

だからといって結婚式の受付を難しく考えなくて大丈夫です。
実際には当日結婚式場の係の方などが教えてくれる事になると思います。また、来客の方に『おめでとうございます』と言われれば笑顔で本日はお越し下さいまして、ありがとうございます。』とか返す程度でなにか仰々しい事をいったりする必要などはありません。

結婚式受付の時間は?
これも頼まれた新郎新婦からの指定があるとはおもいますが、少し早めにいきましょう。
結婚式受付の方が遅刻するのは厳禁です!のでご注意を


結婚式受付の服装は?
特別な服装になる必要はありません。新郎新婦との関係から選んでいただき対外は友人関係のかたが多いと思いますので通常の略礼服などにしていただくとかでいいとおもいます。

結婚式受付で注意する事 祝儀泥棒
ほとんどないとはおもいますが... ご祝儀などのお金をあずかる係をするので盗難被害などは本当に気をつけてください。とくにご祝儀などは金額も大きくなりますので
祝儀泥棒は多くは身内の人間や会場スタッフになりすまし、手伝う素振りを見せながら、祝儀をぬすむというような手口がほとんどです。知らない人間が一同に会するわけですので、注意が必要です。受付が無人にならないように気を付けましょう。

「結婚式や披露宴に招待する友達がいない場合」どおしたらよいですか?
仕事て忙しかったりとか、引っ込み思案だったりとかだとなかなか友達ができないなんて事もありますよね。そんなときに結婚式披露宴で結婚相手の方との釣り合いをとるために友達をよばないといけない!なんて事があった場合はどうしたほうがいいでしょうか?

一応参考までにいくつか方法?を並べてみました

•式自体の行い方を
神前にしたり、海外で挙式
すれば、親族や少しのご友人等の出席でも良い状態にしてしまう。そもそも教会でなければということもありますし、やり方を考えてみてはどうでしょうか。また教会結婚でも基本的には式は親族というばあいが多いですので、 問題は披露宴さえ回避すれば解決する場合がほとんどだと思います。であれば国内リゾート、海外挙式でほんとに家族、もしくは2人だけとかでもいいんじゃないでしょうか。

会社の同僚だけよぶ。( 職場結婚だったりするならこちらでもよいと思います。

結婚式の出席代行サービスに頼む。(そういうサービスがあるようですのであまりにも体裁を気にする場合は、実際に頼んでしまうのも手かもしれません)

連絡のとれなくなった昔の親友がいるなら、連絡してみる
(けっこう喜ばれたりするとおもいますよ)

•気にしない(こういう問題は、当人はすごく気にするとはおもいますが...、以外と招待してもらった人はそれほど気にしてない なんて場合も。)

いずれにしろきちっと話し合って一番いい方法をきめるのが一番ですが、そのときは相手の気持ちをかんがえて、納得のいく形にしましょう。

結納とは【結婚式のマナー】

結納(ゆいのう)とはなんでしょうか?
結納
とは結婚の約束として結婚式よりも前に品物などを贈る結婚の際の1つの儀式のことをいいます。
結婚をする際の手順として行う婚約などの一つの方法といってもいいかもしれません。
約1400年に履中天皇りちゅうてんのう、在位期間427年〜432年が結婚する時におこなったのが起こりだそうです。

ただし最近では形式張ったことはせず、あえて結納はしないで、両家の「顔合わせ食事会」などで済ませるなどがおおくなっていますが、いまでも結婚式の一連の手順を守って行う場合は結納をすることがあります。

略式結納 やり方は?

結納の日時は?
基本的には両家で相談し、都合の良い日を決めるのが基本的ですが、だいたい結婚式の3カ月前ぐらいが目安となるようですのでその辺りで行うのがよいでしょう。

ちなみに六曜(ろくよう、、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種がある)では「大安」「先勝」「友引」などがいいそうです

結納の場所は?どこでやるの?
新婦側の女性の自宅や、料亭などになることになります。
結納の儀式自体は女性の自宅でおこない、その後の会食などは、料亭へ行く、などでもいいかもしれません。

結納品はなに?
これは地方によって異なります。
関東地方では目録、長熨斗(ながのし)、金宝包(きんぽうづつみ)、末広(すえひろ)、友白髪(ともしらが)、子生婦(こんぶ)、寿留女(するめ)、勝男節(かつおぶし)、家内喜多留(やなぎだる)の9品というのが正式なものになります。
また金宝包(きんぽうづつみ)とはいわゆる結納金のことです。金額的には50万円、70万円、100万円ぐらいとなるでしょうか。

ただそもそも何を用意するかはまえもって話あったほうがいいでしょう。
また結納品自体の専門商品をあつかっている会社や、普通のデパートなどの婚礼品などでも取り扱っていますので確認してみるのもいいでしょう。

仲人とは 【結婚式のマナー】

一般的に、仲人(なこうど)は、会社の上司、学校の恩師、親戚関係や、親の友人や知人の社会的地位の高い方に頼む事が多いようです。

もしも仲人を頼まれたら?
仲人を頼まれるということは、依頼者の方に信頼・尊敬されているという事ですので、基本的には引き受ける方向で考えるのがいいです。
 
仲人は「本仲人」「下仲人」「頼まれ仲人」といくつかのスタイルがあります。

「本仲人」(ほんなこうど)
縁談、お見合い、結納、挙式、披露宴まで関わる仲人をいいます

「下仲人」(したなこうど)
縁談から結婚までに立ち会う場合を下仲人といいます

「頼まれ仲人」(たのまれなこうど)
挙式、披露宴で媒酌人をつとめる現在では一般的な仲人です。

冠婚葬祭とはどういう意味ですか?

「冠婚葬祭」とはそもそもそれぞれの漢字に意味があります

【冠】
生まれてから、長寿のお祝いまで、人生の節目節目での様々なお祝いなどを意味します。
むかしは大人になること、元服などの意味もありました。

【婚】
結婚式の事です。

【葬】
これもわかると思いますが、お葬式ですね。

【祭】
1年の年中行事の事を意味しています。節分、節句、冬至、成人式、お盆、お彼岸などなど
様々な行事が日本にはありそれぞれの行事においていろいろなしきたりやルールがあります。

ウェブページ

リンク集

サイトマップ

にほんブログ村 その他ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】