役職名の最近のブログ記事

メンター(mentor)とはどのような意味でしょうか?

もしあなたが、ある程度教育制度の整っている会社に所属している人なら、聞いた事がある単語かもしれません。

もしあなたが上司に

「来月からくる新人のメンターよろしく」

と言われたら、それはあなたに、「新人の指導をしてあげてね」といっているのです。

メンターとは指導者(良き指導者です)、師匠などを指す言葉です。

とくに大企業などにおいて、その企業の社員教育、人材開発、などをおこなう際に、その指導者となる人をメンターという(一種の役職、役割)に据えて、仕事等を覚えされる事があります。

メンターとは指導者の事です。

解りづらいこの役職ですが、上下関係でいえば専務取締役常務取締役より上です。

仕事内容は
専務取締役は社長を補佐し、会社の全般的な管理業務を担当。
常務取締役は社長を補佐し、会社の日常の業務の担当をする。


...といわれてもなんのことやら、という事になると思います。
何となく云えばより会社全体、にかかわって仕事をするのが専務。会社のなかである部門などの管轄をするなど、一部分の担当のトップであったりするのが常務であったりする場合が多いのでは。
といわれてもまだ良く解りませんよね...。

実際に専務と常務の仕事内容は会社によって様々です。

このような役職があるのは、会社における、取締役の中で、発言力や責任、権威の上下の格付けをするためにあるのです。ですので業務内容は様々であたりまえ。


実際に昇進なども様々で、専務が社長の後を順等に継ぐこともあれば、格下になる常務が専務を追い越して社長になることもあります。

まあともあれ、役員の格付けというだけの違いです。職務は結局、どちらも会社経営です。普通は兼務でそれぞれの仕事があることが多いですけどね。

CTOとは(chief technical officer 、 chief technology officer)の略称であり、最高技術責任者(さいこうぎじゅつせきにんしゃ)の事である。
会社における技術部門のトップの人間の事をいう事が多い。研究開発ディレクターなどの最高責任者としてビジネスにおける戦略的な技術的方向性決定、研究開発のビジネス的な監督、などを行う業務を主とする。

CKO(シー・ケー・オー)とは最高知識責任者(さいこうちしきせきにんしゃ)のことを言う。
CEOなどとくらべあまり知名度がなく、よく知らない人もいるかもしれない。

CKO(シー・ケー・オー)は知識情報によって企業価値が最大限になるよう勤める情報管理の仕事を担当する役員のトップのことである。CIOに近い。

従業員、業務手順、知識の資本などの情報や業務マニュアル、特許等の活用、成功を考えるナレッジマネジメントを行う。
会社全体として積み上げてきたナレッジ(知識)をいかに活用するようにするかということである。一般に、副社長や上級役員がCKOとなる場合が多い。
CIOとは?
CIO最高情報責任者(さいこうじょうほうせきにんしゃ)で、Chief Information Officerの頭文字をとったもの。経営方針などに沿って情報戦略、IT戦略などの策定を持おこなう、情報や情報技術に関するトップの役職者のことである。
情報システム部門の責任者を兼ねるケースも多い。

CIOは、むかしは設けられることが比較的少なかった役職であったが、情報社会の進展、個人情報の整備などにともなって、最近は非常に増えてきている役職である。しかし、まだ会社によってはCIOというものがない場合も多い。
日本では「情報担当理事」などがCIOにあたり、財務担当役員や経営企画担当役員などが情報担当役員を兼ねるなどといった場合が多い。また、情報システム部門でプログラマー、システムエンジニア部門の人物がCIOに就任するといった例がある。

なお、現在の日本では法的にCIOを定義する法律は存在しないため、CEOなどと同様、企業の内部呼称となる。
CFO(シー・エフ・オー)とは、最高財務責任者(さいこうざいむせきにんしゃ)のことでChief Financial Officerの頭文字をとった表記である。
企業、法人において経理、財務部門の最高トップの役職になる人物で、いわゆる日本企業での財務本部長などと同じ意味の呼称である。

CFOという、呼び方、表記自体は、いわゆる米国企業などにおける役職名であり、CEO,COOなどと同じく日本では法的にCFOを定義する法律は存在しない。対外国業務がある場合の企業において、対外的にわかりやすい名称を という理由でCFOという名称を財務部門トップにつける、といったような利用を、日本ではされている。

財務という職種柄、企業においては取締役会のメンバーであることが多く、キャッシュ・フローや投資の管理、経営計画策定における数値的裏付けの作成と管理など、経営における重要な役割を果たす。
いろいろある会社のなかの役職名。次長、課長なんてのは最近芸人さんで有名かもしれませんね?
そのほか、社長や部長や課長ならわかるけど、事業長、事業部長とか、なんかよくわからない!
なんてものもあるかもしれません。

そんないろいろある役職名の中でえらいのはだれでしょう??といわれたら
社長や会長はさすがに偉い人だとわかると思いますが、さっきの次長、課長はどっちがえらいの?といわれると、戸惑う人も多いはず。

そんなわけでここでは一般的な会社の役職の偉い人順に上からならべてみました。
これを参考に、会社でのおべっかをもっと効率的に!ごまするようにしてみては...

【上から順に偉い人】

会長

社長

専務
取締役、執行役の役職の1つですね。「専務取締役」、「専務執行役」といいます。

常務
株式会社などにおける取締役「常務取締役」のことです。

監査役
主に会社の会計に関わる方になります

本部長、事業部長

部長

次長

課長

係長

主任


リーダー

メンター(新人の教育がかりなどをメンターと呼ぶ会社もありますね)

COOとはなんのことでしょうか?
COOはChief Operating Officerの略で、企業における最高執行責任者のことである。
業務執行役員執行役員の役職のひとつ。副社長的な意味合いである。実質会社のNo2というような事がおおい。

CEOが企業の経営全般に対して責任を持つのを意味するが、COOは日々の業務、営業活動などに責任を負うことを意味している。
故に副社長というような意味合いがつよいが、内容は会社の属する業種により様々で、メーカーなどでは製造部門などの統括者、出版業会では、編集長などがCOOの意味するところに近い。
要するにそれぞれが属する業種業界の中核部門のトップ、というような意味合いになってくる。
CEOとはなんのことでしょう?
CEOはChief Executive Officerの略のことです。つまり最高経営責任者(さいこうけいえいせきにんしゃ)いわゆる、会長、または社長を表しています。
正確には取締役会によって決まった、役員又は、執行役員又、執行役(Officer, Executive Officer)のさらにトップに立つ人のことをCEOといいます。

*日本の会社法で規定されている名称ではない。法的には代表取締役、代表執行役というのが組織の最高責任者の名称である。
CEOやその他COO、CFOなども含め法的な名称ではない。
これは社長や会長も同様で、企業の内部での呼称で法的なものではないのだ。

ウェブページ

リンク集

サイトマップ

にほんブログ村 その他ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】