管理業務等の最近のブログ記事

PDCA(ピーディーシーエー)の意味とは?

PDCAとは、PDCAサイクル(PDCA cycle)とも呼ばれ、事業活動における生産管理、品質管理等の管理業務を進めて行く為に、効率よく業務を行えるようになる理論のことをいいます。

具体的には下記の4つの行程、段階を繰り返して行く事により業務を効率化させることをいう。
PDCAは、下記の肯定のそれぞれの段階の頭文字。

・Plan(計画)
過去の実例、実績、また将来的な予測を元にして業務計画を作成

 ・Do(実行)
「Plan」で作成した計画に沿って、作業、業務を行う

・Check(評価)
「Do」で行った業務の結果が、 「Plan」で考えた結果になっているか確認をする
 

・Act(改善)
 「Check」により確認した項目を元に、改善案をだし、改善をおこなう「Plan」をつくっていく(1番目の「Plan」に戻る)
 
 この4段階を上から順に行い、最後の「Act」まできたら次のPDCAサイクルの「Plan」につなげ、PDCAを1周する度にPDCAサイクルの結果を向上させていく。
*このサイクルを向上させて行くモデルを「スパイラルアップ、spiral up」といい、イメージとしては「サイクルを螺旋状に向上」させて行くイメージとなる。
 
 
 【提唱者】
アメリカの物理学者であったウォルター・シューハート&物理学者エドワーズ・デミングにより提唱された
また、提唱者の名前を取って「シューハート・サイクルまたは、デミング・サイクル」と呼ばれる事もあります。

何らかの業務においてプロジェクトを行って行く場合、計画を立て、それを実行し、結果を評価した後、それらの改善案などを考え次のプロジェクトへ進めて行く。

*ウォルター・シューハートは統計的品質管理の父と呼ばれている偉い学者さん
 

ウェブページ

リンク集

サイトマップ

にほんブログ村 その他ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】