BtoB、BtoC、BtoE、CtoCの最近のブログ記事

BtoC(ビートゥーシー)とは?

BtoC(ビートゥーシー)とは、どの様な意味でしょうか?

BtoC(ビートゥーシー)の「B」はビジネス(Business)を意味しています。
そして、「BtoC」の「C」は、コンシューマー(Consumer、一般消費者のこと)を意味しています。

つまり、
B to B(B2B)は、「会社と会社(Business to Business)」が取引する事を意味するのに対して、「BtoC」は、企業と一般消費者との取引を意味しているということになります。

例えば、楽天というショッピングサイトは、「一般消費者(Consumer)」が楽天という「企業(Business)」のサイトで物を買う行為をしていますので、これは企業と消費者の取引「BtoC」といえますね。

この「BtoC」、「BtoB」という考え方は、企業がどのような方向でビジネスをしていくのかを考える際に、もっとも重要な視点ともなります。

一般消費者にたいして物を売る仕事をするのか(BtoC)
他社の企業にたいして物を売る死後をするのか(BtoB)

どういう方向性で、ビジネスを進めていくのかを考えることは大変重要なことになります。

BtoB(ビートゥービー)の意味とは?

BtoB(ビートゥービー)とは、Business(企業) to Business(企業)のことです。
企業(business)と企業の取り引きの事をいいます。

これの逆の意味として、企業と一般消費者の取り引きはB to C(Business to Consumer)といい、さらに一般の消費者同士が取り引きする場合は、C to C(Consumer to Consumer)という。

主に企業向けに提供されているサービス等はBtoBと言えます

例えばヤフーリスティングというサービス。
ヤフーという企業が、様々な企業に対して「リスティング」というサービスを売っていることになりますね。BtoBですね。

アマゾンというサービスはアマゾンという企業が、一般の消費者に本などの物を売っているサービスです。これはB to Cと言えます。

ウェブページ

リンク集

サイトマップ

にほんブログ村 その他ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】