■各季節の行事,お祝い事などの最近のブログ記事

十三参り(じゅうさん まいり)とは?
十三参り(じゅうさん まいり)は、現在では4月13日(旧暦の3月13日)の間、数え年13歳に成った少年少女が大人と成ったことに感謝をし、今後の万物の福徳、英知を授かるよう、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)に参詣する行事。「知恵詣り」、または、「智恵もらい」ともいう。

参拝は、最初に半紙に自分が大切にしている漢字一文字を毛筆で記す。
(例えば命・心 女子では美・雅)という文字を虚空蔵菩薩に供えご祈祷を受け、帰りにはお守り・お供物を頂いて帰ることをします。また帰りに親に感謝を述べ お箸はこの日最初に頂く食事の時から使いはじめます。

服装は少年は羽織袴、少女は成人式と同じ振袖を、肩上げをして着るのが原則だが、結婚しても着られる色留袖、訪問着、小紋、女袴の場合もある。また、少女は、この時に初めて化粧(厚化粧の場合も多い)をして貰う場合が多い。

*主に関西のほうでは七五三よりも、こちらのほうが有名で、京都嵐山の法輪寺奈良の弘仁寺への参詣などが有名。京都市嵯峨の法輪寺では「嵯峨の虚空蔵さん」とよばれ親しまれています。
関東でも徐々に盛んとなっている、浅草寺では3~5月にかけて上記と同様の参拝客がある。

【御祝い品を贈る場合は?】
表書きは 「祝十三参り」とします
水引は、赤白(5本か7本)、結びは花結び(蝶結び)を用いるのが基本。

近親者がなくなった場合は1年以内は年賀状や年始の挨拶まわりは慎む傾向にあります。
普段から年賀状をやりとりしている方へは、12月初旬をめどに年賀欠礼状を出すようにします。

年賀欠礼状を出さなかった人から年賀状をもらった場合は?
年賀欠礼状ではなく「寒中お見舞い」として松の内があけたら挨拶状をだします。
また目上の方には「寒中お伺い」とします。
またこの寒中見舞いを出す際は「賀」「おめでとうございます」などのおめでたい表現文字は使わないようにします。
「お年始のごあいさつをいただき、ありがとうございました」などの表現とします。

ウェブページ

リンク集

サイトマップ

にほんブログ村 その他ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】