お葬式の服装の最近のブログ記事

お葬式の際に利用する数珠はどう使うのでしょうか?

数珠は葬儀や法事などの仏事に持参するもので、一般に一連、単念珠と呼ばれるものが多く用いられています。

数珠の用い方
一般的には、数珠は、持っている場合、左手首にかけ、房を下にし、左手で持ちます。
合掌の時には、両手の親指以外の指を輪の中に入れ、親指と人差し指で支えるようにします。
焼香の時は、手のひらの中で数珠をこすりあわせます。(ただし、浄土宗では禁じられています。)
浄土真宗の二輪で長房の数珠を使用する場合には、二つの親玉を親指の所ではさみ、房は左側に下げて合掌となります。


【振分数珠、八宗用】

宗派に関して数珠の違いはあるの?
お葬式自体が自分とは違う宗派の場合でも、自分の属する宗派の数珠を持参しても大丈夫ですので、基本的には自分の持っている物を使っていただいて大丈夫です。

ただし宗派ごとに数珠の種類の違いはありますのでご参考までに
■真言宗の念珠は振分数珠と呼ばれ、八宗用に用いられることがあります。
■浄土宗の念珠は、仏名を数えながら数珠をくります。二つの輪違いに丸かんがついています。
■日蓮宗の念珠は、読経唱題の数を記憶するために、百八個の数珠を用いることを勧めています。

一般信者用としては、片手数珠が多く用いられています。

●男性用と女性用
数珠市販の数珠には男性用と女性用があり、珠の大きさや色が違っています。
本来数珠は僧侶が仏事に使用するもので念珠(ねんじゅ)ともよばれます。
現在では材質、珠の大きさなどの違いで男性用、女性用に分けられています。
男性用には主に黒檀(こくたん)が一般的です。
女性用は男性用に比べ珠が小さく、琥珀(こはく)、瑪瑙(めのう)、白珊瑚(しろさんご)、水晶、真珠、象牙などでできています。


【数珠の由来】
数珠は「念珠」といい、念誦する題目などの数を記憶するために用いられましたものです。
念珠の珠の数は、人間の百八の煩悩を表しているとされています。
ですのでもともとは百八個の珠をつないでいるものが数珠でしたが、現在では百八では長すぎるので、2〜4分の1に省略して用いられています。

お葬式の時の男性の服装について
お葬式のまえになって
「え〜黒いネクタイと黒いスーツだったような〜 、あれ、靴下は何色なんだっけ...??」
なんてことありませんか。
そんなときのためにお葬式の時の服装についてこちらを参考にしてみてくださいね。

【ネクタイ】
黒無地。ネクタイの結び方は普段通りでもんだいありません。

【スーツ】
黒色を着てください。なければ濃紺もしくはダークグレーです。

【シャツ】
白が基本。柄や、シマシマのせんのははいったものなど、模様はだめです。

【靴下】
以外と何色だったかわすれてしまう靴下ですが、こちらも黒色です。
式場で靴を脱ぐなどの場合もありますので、気をつけていきましょう。

【バッグ】
こちらも黒。ビジネスバッグで問題ありません。

【靴】
黒の紐靴。

その他の注意事項
毛皮のコートは「殺生」をイメージするため避けるようにしましょう。また当たり前ですが、金色とかのど派手な時計などもしていかないように...。

ウェブページ

リンク集

サイトマップ

にほんブログ村 その他ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】