2009年8月アーカイブ

コース料理って?なんでしょうか?
コース料理は順番のあるコースメニュー
一般的な順番は下記のようなものになります

1、オードブル
 (前菜)
2、 スープ
3、魚介料理
4、肉料理
5、ソルベ
(口直しのシャーベット)
6、肉類
 (ロースト料理)
7、サラダ
8、チーズやデザート
9、フルーツ
10、コーヒー

◎魚介用のナイフは形が異なるの
で 覚えておくと便利です。

テーブルマナー パンの食べ方は?

結婚式とか、何かのパーティーとかで知っておきたいテーブルマナー
今回はパンの食べ方

たかがパンですがきちんとテーブルマナーがあるんです。

パンはフルコースの場合、スープを飲み終わってから食べ始めるようにします。
スープが残っている間にパンを食べたりしたくなりますが、スープがある状態でパンがサーブされても、スープを飲みながパンを食べるのはマナー違反です。
また、基本的にはパンは、メインの料理がでてくるまでの間はおかわりができます。

パンの食べ方は、一口分づつ手でパンをちぎって食べるのがマナーです。
バターを塗りたい時は、ちぎる前のパンにバターを塗るのではなく、ちぎったパンにバターを塗ります。

よくやりたくなること↓
肉料理などが出されるとそのソースなどにパンをつけて食べたりとか、するとけっこうおいしいもんですよね?!
しかし、美味しい!からといってこの食べ方はマナー違反です。
ファーストフード店とかファミリーレストランとかならまだいいかもしれませんが、結婚式、パーティーなどのあらたまった席では控えた方がいいです。

    してはいけないこと
    1、パンをスープに浸して食べる ソースをからめるのは許される場もありますが、
スープに浸すのはどんな場合でもいけません。
2、パンを噛みちぎる そのままかじったり、大きくちぎったパンを噛みちぎってはいけません。
3、パンくずを拾う、集める 接客係が後できれいに片付けてくれますので、テーブルの下にふりはらったり、集めたりしてはいけません。そのままにしておきましょう。
4、最初にバターを塗っておく 面倒でも、一口ずつバターを塗って食べましょう。
訪問先の商談でお茶をだされた?飲むべき?飲まないべき?

こんな経験はありませんか?
訪問先の方をたづね会議室で商談中にでお茶をだされました。
このお茶飲んでいいんだろうか??
飲むべき?飲まないべき?なんて経験をしたことは?

基本的には遠慮してまったく口をつけないというのはちょっと失礼にあたります。せっかくおもてなしとして出してくれているのですから。ただし出されたとたんに口をつけるもこれは無礼。
かならずお茶を出していただいた相手先の方に「どうぞ」といわれてから口をつけるようにしましょう。
またもしもあなたが、自分の上司と同行して相手先に伺っているなら、上司が口をつけてからにしましょう。
いろいろある会社のなかの役職名。次長、課長なんてのは最近芸人さんで有名かもしれませんね?
そのほか、社長や部長や課長ならわかるけど、事業長、事業部長とか、なんかよくわからない!
なんてものもあるかもしれません。

そんないろいろある役職名の中でえらいのはだれでしょう??といわれたら
社長や会長はさすがに偉い人だとわかると思いますが、さっきの次長、課長はどっちがえらいの?といわれると、戸惑う人も多いはず。

そんなわけでここでは一般的な会社の役職の偉い人順に上からならべてみました。
これを参考に、会社でのおべっかをもっと効率的に!ごまするようにしてみては...

【上から順に偉い人】

会長

社長

専務
取締役、執行役の役職の1つですね。「専務取締役」、「専務執行役」といいます。

常務
株式会社などにおける取締役「常務取締役」のことです。

監査役
主に会社の会計に関わる方になります

本部長、事業部長

部長

次長

課長

係長

主任


リーダー

メンター(新人の教育がかりなどをメンターと呼ぶ会社もありますね)

COOとはなんのことでしょうか?
COOはChief Operating Officerの略で、企業における最高執行責任者のことである。
業務執行役員執行役員の役職のひとつ。副社長的な意味合いである。実質会社のNo2というような事がおおい。

CEOが企業の経営全般に対して責任を持つのを意味するが、COOは日々の業務、営業活動などに責任を負うことを意味している。
故に副社長というような意味合いがつよいが、内容は会社の属する業種により様々で、メーカーなどでは製造部門などの統括者、出版業会では、編集長などがCOOの意味するところに近い。
要するにそれぞれが属する業種業界の中核部門のトップ、というような意味合いになってくる。
CEOとはなんのことでしょう?
CEOはChief Executive Officerの略のことです。つまり最高経営責任者(さいこうけいえいせきにんしゃ)いわゆる、会長、または社長を表しています。
正確には取締役会によって決まった、役員又は、執行役員又、執行役(Officer, Executive Officer)のさらにトップに立つ人のことをCEOといいます。

*日本の会社法で規定されている名称ではない。法的には代表取締役、代表執行役というのが組織の最高責任者の名称である。
CEOやその他COO、CFOなども含め法的な名称ではない。
これは社長や会長も同様で、企業の内部での呼称で法的なものではないのだ。

ウェブページ

リンク集

サイトマップ

にほんブログ村 その他ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】