2009年7月アーカイブ

稟議書(「ひんぎしょ」、「りんぎしょ」)とは、稟議のための文書のことです。稟議とは、会社・官庁などの組織において、会議を開く手数を省くため、担当者が案を作成、関係者に回し、承認を求めるもののことをいいます。
一般の会社では、重要な決定事項の許可を得る為に上司を経て会社の上層に回る書類の事を言っています。
ちなみに稟議書は本来は「ひんぎしょ」と読みますが、現在では「りんぎしょ」よむのが一般的です。

稟議書は上司の人達に回覧されるもので、回覧した人にその内容を理解してもらい必要性を認知させることが重要です。そのため、できる限り定性的な表現を排して定量的な表現で書くとようでしょう。
お酌の仕方、お酌の受け方にもマナーがあります。

まずお酒をもったたま移動するのはマナー違反です。
何も持たない手ぶらで近づいて近くになるお酒を進めます。これが大前提。
お酌をする時は、相手の杯、グラスなどが相手が手にもった状態でお酌をしましょう。テーブルにおきっぱなしのものにビールやお酒をつぐのはマナー違反です。
お酌をうけたらすぐに口をつけましょう。ついでもらってテーブルに口をつけづにおいてしまうなどはマナー違反です。
それぞれのお酒ごとのマナーは以下の通りです。

■ ビールの場合
ビールはグラスに両手を添えお酌を受けます。お酌する方はビール瓶のラベルを上に向けてお酌します。
■ 日本酒の場合
日本酒も杯に両手を添え、お酌を受けます。お酌する方は杯の八分目までを目安に注ぎます。

ウェブページ

リンク集

サイトマップ

にほんブログ村 その他ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】