弔辞での袱紗(ふくさ)の包み方【弔辞のマナー】

袱紗(ふくさ)は元々は貴重品などが収蔵された箱上に掛けられていた風呂敷のことであった。その風呂敷が贈答品を運ぶ時の汚れや日焼け防止として用いられるようになり、慶弔行事の金品を贈る時の儀礼や心使いとして広蓋(黒塗りの盆)と併せて用いられる ようになりました。
現在では冠婚葬祭において、熨斗袋(祝儀袋・不祝儀袋)を包むのに使用されるなどに使用される。

ふくさの包み方

ふくさの包み方手順 1
弔辞ようのふくさは寒色系、グレーや深い青などを選びますふくさを広げやや右におき表を上にして、
不祝儀袋をおく。
fukusa1.gif

ふくさの包み方手順 2
はじめにふくさの右側をおります。

fukusa2.jpg
ふくさの包み方手順 3
つぎに下側をおりその次に上側をおります。
fukusa3.jpg
ふくさの包み方手順 4
最後に左側をおり、はみ出たはしを裏側にまわす
fukusa4.jpg

ウェブページ

リンク集

サイトマップ

にほんブログ村 その他ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】