コンプライアンスとは?

コンプライアンス(compliance とかきます)とは、英語で「命令・要求に従うこと(「遵守」「応諾」「従順」などを意味する語)」ということで、ビジネス用語として利用するときは、「法令遵守」、「企業が法律や、企業倫理を遵守すること」という意味になります。

企業コンプライアンス(きぎょうコンプライアンス、corporation compliance)などとも呼ばれますね。

企業が法律や内規などのごく基本的なルールに従って活動すること。

企業活動が行われる中で、法令を違反した活動により、社会的な信頼をうしなったり、する例が出てきた為、企業活動における、法令違反を防ぐという観点から、近年利用されるようになった。

例えば無意識のうちに、個人情報等を漏洩してしまったりするとその会社にとって大きなダメージとなる。こういった事を防ぐ為にコンプライアンスを社内に徹底していく必要がある。

バズマーケティングとは?

バズマーケティング(Marketing buzz,buzz)とは、口コミ(くちこみ)マーケティングのことです。
「バズ」は「蜂がぶんぶんと飛ぶ音のこと」を意味しており、人の口から口へと伝わっていくマーケティングの方法です。

バズマーケティングという言葉は、そもそもは、人々のうわさ、口頭でのコミュニケーションで、売りたいサービスや、商品が話題になり人気になったりする状態を、マーケティングとして作り出す。

たとえば、バズマーケティングの手法として、音楽アーティストが自分の作曲した曲をを売り込みたいとき、音楽のすきな若者が出入りしそうな場所や若者を選定し、たとえば、クラブのDJにその曲をつかってもらい「DJ」、それを聞いた若者がいい曲だとはんだんすれば人気が出てくる。というような方法をマーケティングとして行うということです。

本来はこういった、人の口コミでしたが、現在では、FacebookやTwitterといったソーシャルメディア上で、人気が出たりうわさになったりすることなどが、重要となってきており、これをバズマーケティングと呼んでいる。

NRはノーリターンで、直帰するという意味です。ノーリターンなので返ってこないという事ですね。

たとえば会社のAさんの予定表に
●●会社に訪問/NR

とかかれていれば、●●会社に訪問したあとに、自社にはかえってこないでそのまま、お家に帰る(直帰します)といういみになります

プラオリティ(priority)とは?

ビジネス上で使われる、「プラオリティ(priority)」の意味とは?

プラオリティは、優先順位のことです。
「プライオリティの高い順に取り組もう。」

といえば、優先順位が高いものから取り組む(優先順位が低いものは、後回しでも大丈夫)と捉えまえす。

業務のプライオリティー(優先順位)を、判断できるようになるとか、見極めることができるようになるというのは、ビジネスマンとして、とても重要なことですね。
どのようなことが、売り上げに一番つながるかなど、見定めることが力量を左右する事項とされます。

アサイン(assign)とは?

「アサイン(assign)」とは、英語で「割り当てる」「任命」「指定」という意味になります。
「○○のプロジェクトに、Aさんをアサインしたといえば、○○プロジェクトにAさんを参加させる、ようにした」
という事になります。
例えばあなたが、上司に「○○のプロジェクトに、だれかをアサインして!」といえば、「○○プロジェクトをしてくれる人を誰か任命して!」くれ!というような意味ですね

また、違った意味で、ITの業界でも使われる用語で、特定の機能、処理、役割などを、記号や番号、一定の操作に対応を意味します。

物や場所だけでなく、人員の割当て、割り振りにも使われる言葉です。

ブレストとは?

仕事でつかわれる、「ブレスト」とは、どんな意味でしょうか?

ブレストは、「ブレイン・ストーミング」の略として使われており、皆で意見を出し合い、創造的アイデアを出す方法の事です。
ブレインストーミング(Brainstorming)、ブレインストーミング法(BS法)は、アレックスfオズボーンさんという(アメリカの広告代理店の副社長をしていた方です)によって考案された会議方式のひとつで、集団思考、集団発想法ともいいます。

みんなで、課題に対して、ディスカッションする事で、問題を明確にさせる事と、多数の意見を出し合う中で生まれるアイディアを基に課題の打開策を出す、といった事なのですが、現在の日本の会社で使われるのは、こうした、元来の意味での課題解決の方法論的な意味で利用するよりは、ディスカッション、会議、といった意味に近い場合が多いでしょうか。

*おそらく、「ブレスト」という言葉と使っている人で、上記の様な、課題解決の方法という厳密なブレストという意味をちゃんと理解している人は、あまり多くないとおもいます。。

ブレストの資料といえば、みんなでミーティングして、課題を見つける前の、議題となる資料と言った感じですね。
ちなみに、アイデアベースで、まだ完成していないと言った状態の意味を含んで使われる事が多くあり、完成されていない「業務」「施策」の前段階の、「草案」や「アイデア」といったような意味で使われる事もあるかもしれませんね。

MTGの意味とは?

MTGとは、meeting「ミーティング」
つまり「会議」のことです。

予定表に、「12:30〜 MTG」とかかかれていれば、12時半から「会議」の予定ががありますよ。
ということになります。

社会人に成り立て、の新人さんとかだと、以外としらなかったりしますよね。



ビッグデータの意味とは?

「ビッグデータ」とは何を意味する言葉でしょうか?

「ビッグデータ」とは、大容量のデジタルデータの事をいいます。

例えば、数千万件のユーザーデータや、ブログ、動画、または、FacebookやTwitterといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用者履歴、パソコンやスマートフォンなどのコンピューターから、文字、音声、画像、動画などのデータが、インターネット上の様々なサーバーコンピューターに蓄積されており、こういった膨大で、複雑な情報をビックデータといっている場合が多い。

ちなみに、ビッグデータは、大量のデータという意味とともに、リアルタイム性が高いデータであるという意味合いももっている。

例えば、大手のECサイトでは、購買履歴やサイト内のアクセス情報などのデータを瞬時に処理し、そのデータ(ビッグデータ)を基に、ユーザーに適切な商品を表示させるリコメンドのシステムなどにつかっている。

一般的な会社で使われる「ビックデータ」という単語は、ネット上などで得られる、数千万以上の、ユーザーの非常に大きなデータ(行動の履歴などのユーザーデータ)だと思っておくといいだろう
ROI(アールオーアイ)とは Return On Investment のことで、日本語でいうなら「投資対効果」「投資収益率」という意味になります。
*または略して「ロイ」と呼んだりもします

投資をした資本に対して、得た利益の割合のことで、利益の額を投資額で割ったものがROIになります。

50万の広告費をつかって100万円の利益を得た場合

ROI = 100万÷50万x100(パーセントにする為の100です)=200%

となります

企業の事業や、広告の費用対効果、開発費の費用対効果、また、企業の資産、設備の収益性を測る指標としてよくつかわれており、投資に見合った利益を生んでいるかどうかを判断するための指標となっています。

とてもシンプルな計算式から出される物ですので、非常に様々なシーンやレベルでりようされ、事業そのもののを計ったり、簡単な広告の指標とされたり、企業の資産投資の指標とされたりします。

マターの意味とは?

仕事で利用するマターという用語。

管理部マターとか
人事部マター
○○さんマター

などという言葉があると思います。

このマターとは、だれの担当か、だれの判断になるのか、責任の所在をあらわす言葉です。

A案件を採用するかどうかは、営業マター

といえば、「A案件を採用するかどうかは、営業部が最終的に判断する」ということになりますね

ウェブページ

リンク集

サイトマップ

にほんブログ村 その他ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】